効率的な予知保全、予防保全を実現するクラウド転送

データコレクションモジュール(DCM)は、 すべてのSiteManagerハードウェアに標準搭載されています。高価なIoTゲートウェイは必要ありません。

DCMのスマートアグリゲーション機能は、収集されたマシンデータを前処理できるため、クラウドに送信される前にデータを最適化できます。

インターネット接続が失われた場合でも、接続が再確立されるとすぐにSiteManagerがデータのサンプリングと送信を継続し、データの途切れないロギングを提供します。

サポートする収集プロトコル
• Modbus TCPクライアント
• OPC UAクライアント
• Rockwell CIP
• Siemens S7
• HTTP Generic

SMART AGGREGATION
• Average Min/Max
• Over-/under threshold
• Advanced mathematical calculationsEVENT-BASED TRIGGERS
• Triggered from aggregated sample point
• Time-based triggering

STORE-AND-FORWARD DATABASE
• Optimizable & persistent storage
• Flexible scheduling
• Expandable capacity via microSD card(*)

各デバイスからのデータ収集により、スマートな予防・予知保全作業を実施

イベントベースのロギング機能で、閾値に応じた細かなデータ転送設定

Modbus TCPやOPC UAクライアントなどの標準インターフェイスで、PLC、HMI、SCADAシステムに接続します。

ストアアンドフォワード機能を使用して接続が停止した場合でも、データの追跡を失わないでください。