データ収集】と【リモートアクセス】をひとつに組み合わせて、すぐさま使用できるシンプルで安全なソリューション

改良保全 (CORRECTIVE)

装置メーカと工場設備向けのリモートアクセスは、機械や装置に接続し、インターフェイスの表示と制御、機器のトラブルシューティング、アップデートのインストールを行います。リモートアクセスを使用すると、世界中のどこからでもアクセスでき、出張費用や時間のかかる訪問なしにリモートで問題を解決できます。Secomeaのリモートアクセスは、セキュリティを最優先事項として設定されており、世界初のセキュリティ認定済みリモートアクセスソリューションです。また、ITに精通していないユーザー向けに簡単に設定し展開できます。

  • トラブルシューティング
  • プログラミングの修正
  • リモートでの制御

予防保全 (PREVENTIVE)

データ収集モジュール(DCM)を使用してマシンからデータを収集し、予防保守プロセスをよりスマートにします。 毎日の運用指標を評価し、問題が発生する前に防ぎます。 データコレクションクラウド(DCC)を使用すると、ダッシュボードでリアルタイムデータを整理および視覚化して、機器の状態と状態の完全な概要を把握できます。 資産の寿命を延ばし、全体的な効率を高め、中断のない生産性を確保します。

  • 稼働監視
  • オペレーターの支援
  • エラー処理

  予知保全 (PREDICTIVE)

装置を設置してからの運用データを利用し、装置のパフォーマンスを最適化し、問題が発生する前に予測することで稼働時間を増加させることができます。データ収集モジュール(DCM)は、装置からデータを取得します。データ収集クラウド(DCC)は、直感的な可視化ツールを使用して、そのデータを顧客や開発チームに有益です。DCCは、カスタマイズ可能なダッシュボードで生産バッチデータを視覚化してすべてのデバイスのデータを比較、ダウンタイムを診断し、生産性とビジネスインテリジェンスを高めることにより、OEEへの集中力を高めます。

  • 効率化
  • 機械学習
  • エラー防止